Webデザイナーさん、こんなお悩みありませんか?

他社と
差別化されたデザインや
コンテンツにならない

制作過程で
クライアントと
認識の違いが生まれる

デザインスキルや
ディレクションを
高める機会がない

完成したデザインが
プロっぽいデザインに
ならない

悩んでいるあなた、こういったことをやっていませんか?

自社や他社の競合分析は、Webページを見て、軽く比較する程度。
あまり時間をかけて行うことはしない。

ヒアリングはデザインに関することだけ聞いている。
その会社や担当者のことについては、あまり尋ねない。

他人のデザインをあまり参考にしない。
自分の頭の中で考えたデザインを再現しようとする。

とりあえず現場で働いていれば、必要なスキルは自然と身につくので、
わざわざ自分でお金をかけてまで勉強しなくて良いと思っている。

ひとつでも当てはまった方、「今のまま」では
Webデザイナーとしての成長に限界があります…

確かに当てはまっているけど…。まあ私はこれから頑張るし、
成長できるに決まってる。大丈夫だな~。

本当に大丈夫ですか?

その悩みを放置すると、こうなります…

クライアントとの認識の差が埋められず、何度も確認作業が必要に…。結果として制作がなかなか進まないまま納期だけが迫る。

サイトデザインを改善しても集客効果なし!
クライアントから「他社にお願いしたい」と言われてしまう。

自分ができるデザインしかしないので、型にはめたようなワンパターンなデザインを量産するデザイナーになってしまう…。

こんなデザイナーにはなりたくない!
なんでこんな風になっちゃうの!?

なぜなら、彼らには
3つのデザイナー必須スキルが欠けていたから!

1
デザイン
スキル

伝えたい情報を
見やすくして伝えるスキル

デザイナーは「本当に伝えたい情報」を、確実に伝えることができるよう、見た目を設計するスキルが求められます。

2
コミュニケーション
スキル

相手の話を聴く、相手から
話を聞き出すスキル

クライアントや社内での適切なコミュニケーションを行わなければ、本当に望まれるデザインを設計することができません。

3
分析・企画
スキル

現状を知り、
最善を提案するスキル

案件の現状を分析し、そこに要望を加えて、最善のデザイン、コンテンツを提案・企画。競合他社との差別化を意識します。

このスキルなくしてWebデザイナーは活躍できません!

でも…

独学では何を学べば良いかわからない」
適切な指導がなければ現場でも身につかない」

そんな風に考える人へ必見の講座があります!

矢印

まずは体験講座で、本講座に関する悩みと疑問を解消!

今すぐ「体験講座」に参加してみる!
11/26(木)開催は終了しました
11/30(月)お申し込みはこちら

体験講座の内容

1

本講座の概要を2時間でレクチャー!

16回の講座全体で学べることが、体験会で全部わかります。

2

本講座の講師が体験講座もレクチャー!

講座について気になることや、不安に思っていることがあればご相談下さい!

3

参加者同士でワークショップ!

バックグラウンドが異なるデザイナー同士で、問題解決にチャレンジ!

体験講座で得られること

Webデザイナー必須スキル「コミュニケーション能力」が備わっているか、が分かる!

Webデザイナー必須スキル「コミュニケーション能力」が備わっているか、が分かる!

ワークショップを通して、自身のコミュニケーション能力を測ります!

Webデザイナーとして身につけていること・身につけていないことが分かる!

Webデザイナーとして身につけていること・身につけていないことが分かる!

参加者同士で他界を評価し合うことで自身の「今」が分かります。

他者と肩を並べることで、スキルアップへのモチベションが高まる!

他者と肩を並べることで、スキルアップへのモチベションが高まる!

様々な立場や視点を持つみなさとディスカッションで意見交換!

体験講座を通して、Webデザイナー
必要なこと・学びたいこと

明確になります!!

今すぐ「体験講座」に参加してみる!
11/26(木)開催は終了しました
11/30(月)お申し込みはこちら
色彩理論をわかりやすく学べる!「イラスト色見本ポストカード」を受講者全員にプレゼント!

受講者の声

僕は純粋にデザインスキルを伸ばす目的で受講したのですが、コミュケーション能力を中心とした、ディレクションスキルも学べたのは良かったです。

ディレクション的なスキルも身につけることで、結果的にデザインの質も上げることができました
 

Webデザイナー・25歳男性

大学卒業後に、すぐに現場で働けるように、実践的なデザイン講座を探していました。

デザインスキルを伸ばすことだけを考えていましたが、クライアントさんとの折衝が必要な、現場でのヒアリングスキルなども学べて、非常に充実した講座でした

学生・21歳女性

元々はデザイナーを統括する立場として、彼らの立場に立ってプロ弱とを遂行していきたいと考え受講しました。

私はディレクターですが、この講座はディレクターの人にこそ必要な要素が学べる講座だと思います。

Webディレクター・30歳男性

気になる本講座はこちら!

私たちの講座は5つのフェーズに分かれて構成しています。
デザインスキルだけではなく、クラアントと一緒により良いデザインを考えて行くためのコミュニケーションスキルも身につけることができます。

Phase1テーマを決める

プロジェクト全体の今を知り、これからを考える
ヒアリング・課題抽出

クライアントから、Webサイトの制作の依頼が来たときに、はじめに考えるべきこと。それは、サイトを通してどのような課題を解決すべきなのか、達成したいビジョンはなにかを確認することから入ります。
サイト構築に入る前に、まずは、クライアントから自社の強みを聞き出し、ユーザーに届けるべきコンテンツと精査をすることからはじめましょう。必要な情報を聞き出す「ヒアリング」のトレーニングから始めていきます。

ヒアリング・課題抽出
point1

聞き上手ではなく、聞き出し上手に!

クライアントとのヒアリングはコミュニケーション。ついつい要望の聞き役に徹していませんか?
必要な情報を工夫して「聞きだす」ことができたら、それがユーザーの望みと一致しているのかどうか、目的を達成できるサイトになるのか、分析する術を学びます。

聞き上手ではなく、聞き出し上手に!
矢印

Phase2キャストを決める

クライアントとユーザーの関係を想定し、ターゲットを絞る
競合比較・ペルソナ作成

デザイナーは、サイトをデザインしていくうえで、ぶれてはいけないものとして、「誰のためのサイトなのか」という役者を考えることが必要です。
その際に、自社のイメージを拡げるだけでなく、周りから見た競合とのポジションを把握して作ることで、あなたのデザインも、クライアントの商品・サービス自体も、埋もれなくなります。クライアントとユーザーの関係を意識しながら、ターゲットを絞り込む術を学習します。

競合比較・ペルソナ作成
point2

ユーザー像、きちんと確定していますか?

ユーザー像を確定しないままにデザインを進めると、サイト構造自体がぶれたまま設計を進めることになり、実際に利用するユーザーが「使いづらい」「わかりづらい」といった評価を下すことになります。
これが、あなたのデザインが採用されない理由です。意識を内ではなく、外に向けること。そのために、フレームワークを使用して競合比較を行っていきます。

ユーザー像、きちんと確定していますか?
矢印

Phase3舞台を設定する

スマートフォンでも使いやすいサイトデザインを考える
色彩計画・企画書作成

色彩について学ぶことで、イメージ作りに欠かせない「色」を決める訓練ができ、デザインを設計する上で「なんか違う」が起こりにくくなります。
全体のイメージを固めたら、ここまでに制作した一連の流れを、企画書としてまとめます。競合他社とのコンペを想定し、勝てる企画書とプレゼンの手法を学びます。普段はデザイナーとしてこうした上流工程に立ち入らない人にも、リアルにサイトを提案できる術をに身につけましょう。

色彩計画・企画書作成
point3

「色彩理論」を使っていますか?

Webサイトの全体のイメージを考えるために、色は重要な要素です。
ですが、色彩理論を知り、その知識を活用しなければ行き当たりばったりで色を決めることになります。これを機に、サイトに合わせた配色を意識して計画できるようになりましょう。

「色彩理論」

Phase4ストーリーを作る

ユーザーがどのようにサイト内を遷移するのかを組み立てる
サイトストラクチャ(サイトマップ)設計

ここでは、ユーザーがサイトを利用する時のことを深く考えていきます。
どこにどんな情報があれば、使いやすいサイトになるでしょうか?
どういった構成であれば、順を追って必要な情報を手に入れることができるでしょうか?
ユーザーの視点で、回遊されやすいサイトの設計を計画していきます。

サイトストラクチャ(サイトマップ)設計
point4

ペーパープロトタイプを作ろう!

ペーパープロトタイプとは紙面で、実際のサイトを使う様子を再現するものです。使い勝手をリリースする前に確かめることができるので、ユーザー視点で考えるのに適したツールです。
スマートフォンに合わせた画面遷移をイメージできるうえでも有効なツールとなります。しっかり学習しましょう。

ペーパープロトタイプ
矢印

Phase5演出を考える

機能ごとに「美しい」「使いやすい」サイトを設計する
UI設計・ワイヤーフレーム作成

いよいよ、デザインをする手前のフェーズです。サイトの導線構造を導くのがサイトストラクチャであり、その後にページ内での誘導線を設計するフェーズがワイヤーフレームとなります。
今や、Webサイトはパソコンとスマートフォンのどちらにも対応する術が求められています。すメートフォンの小さな画面でも文字が読みやすく、画像が鮮明で、指でタッチもしやすいなど、機器の使いやすさ(ユーザビリティ)を向上させるための画面設計を学びます。

UI設計・ワイヤーフレーム作成
point5

UXを意識したコンテンツ設計

ワイヤーフレームを作るなかで陥りがちなのが、参考書やプロのサイトなど、「見本」にあたるものをそっくりそのまま真似て作ってしまう、という行為です。
トレーニングをするうえで有効な手段ですが、なぜその構造となっているのかを、独学ではなかなか把握できないででしょう。ユーザーの行動意図を汲みとって落とす。この手法を学びます。

ワイヤーフレーム作成

Goal成長したWebデザイナーへ!

この講座を経て、デザイン重視のデザイナーから、
クライアントの状況や要望を踏まえたデザイン、ユーザー視点に
立ったデザインを設計できるWebデザイナーへ!

Goal
講座受講でこんなに変われる!

見た目の格好良さを再重視。ユーザーの使い勝手の良さなどはほとんど考慮せず設計した。
ファミリー層に向けた家具を扱う会社のページだが、全体的に暗い色づかいで高級でシックな印象を与えてしまっている。

ヒアリングを行い、幅広い年代層に適した、爽やかな印象で明るいイメージを構築。また、ページを訪問した人が、得たい情報をすぐに見つけることができるように、トップページに載せる情報を熟考して、導線も設計した。

この講座で得られる効果!

  • デザインの作業効率が40%アップ!
    考えて作る制作スピードが格段に上達します!
  • 負荷を抑えてプロジェクト・コストが20%削減!
    スケジュールと工程管理がスムーズにいくことで、削減が達成されます!
  • デザイナーとしてお客さまから指名される!
    デザインのクオリティが高まることで、評価も高まります!

本講座 募集要項

項目 内容
主催・運営 NPO法人 クリエイター育成協会
ソルティフロッグ デザインスタジオ
協賛 株式会社クラウドワークス
開催日程 2015/12/3(木)〜2016/2/25(木) 毎週月・木曜日
1日3時間 × 全16回 = 合計48時間

が受講日です


お休みの際は、ビデオ学習が可能です。
受講時間
  • 19:00 〜 22:00(21:30以降は、質問&課題対応時間を予定)
受講費用 【ただいま講座OPENキャンペーン実施中!】
135,000円 +税(教材費込) ⇒
『講座OPEN記念割』約26%OFF!⇒ 100,000円+税

【学生さん支援】
20,000円をあなたにキャッシュバック!(学生証のご提示をお願いします)

【クラウドワークスにてワーカー登録をされている方限定】
①講座受講費用:10,000円引き!
②Webデザインとディレクションの技術を活かしたお仕事を紹介します!
その他の費用 特になし
参加特典 授業用テキストとして、弊社メンバーが執筆した
デザイナーのためのプロの制作術が身につく Webディレクションの教科書
(出版:SBクリエイティブ)をプレゼント!


書籍の内容に則したカリキュラムも含みますので、じっくり理解できます。
受講会場 青山(東京)を予定しています
受講人数 12名(最低開講人数:4名)
参加要項
    【このようなお悩みをお持ちの方は、絶対的にオススメします!】
  • Webデザインを一から学び、現場に通用する知識&スキルを身につけたい方
  • コーディングをしているが、Webデザイン周りがわからず困っている方

  • 【他にも、こんな悩みをお持ちの方もどうぞ!】
  • ● すでにWebデザイナーとして働いており、ディレクションスキルや仕事の質を高めたい方
  • ● すでにWebデザイナーとして働いており、クライアントとのコミュニケーションで悩まれている方
  • ● パソコンスクールでWebデザインについて学び、さらにディレクションスキルを付けたいと思った方
  • ● お客さんにデザインの制作物を届けるうえで、納得したアウトプットを目指したい方
備考
  • ノートPC・マウスをご持参ください。貸出はありません。

講師紹介

サトウ ヒロシ
サトウ ヒロシ

ソルティフロッグ デザインスタジオ 代表
絵本作家・デザイナー・イラストレーター

フリーランスのイラストレーター・グラフィックデザイナーとして活動後、ウェブ制作会社に勤務。サイトの設計、WEBディレクション、アートディレクション、デザインを担当。
その後、医学書専門出版社販売部に従事し、営業、販売および広告、宣伝企画を手がける。

2015年に起業 「ソルティフロッグ デザインスタジオ」をスタート。また、各種企業出向先・PCスクールにて、デザイン系の講師に従事。クリエイター育成協会では、デザイン講座開発担当として、受講生 及びインターン生に現場のデザインを「生」で伝える教育をしている。

高田 信宏
高田 信宏

NPO法人クリエイター育成協会
理事/東京マネージャー
Webディレクター、Webデザイナー

他業種からの転職を経て、Webマーケティング企業に入社しSEOディレクターとして活動後、教育企業に転身。Webマスター兼講師として、各種サイトの運営管理を行う傍ら、講義やセミナーを通して、デザインとマーケティングの両極からの視点を伝える教育に励む。また、一般社団法人ICT国際教育機構にて、全国アイシテック実力試験の立ち上げに参画。30歳を区切りに、フリーランスへシフト。その中でクリエイター育成協会に出会い、理事 及び 東京マネージャーとして現在活動中。

2013年 一般社団法人日本Webソリューションデザイン協会にて講座開発、2014年 株式会社アイデムとWeb/ITスクール設立、2015年4月より株式会社クラウドワークスと本スクールの設立など、Web教育を通じて雇用機会を促進するための場を整備している。

上記の講師2人の他にも、現場の講師陣がゲストで参加予定です。
それぞれの立場にたった意見を聞くことの出来る良い機会です。どうぞお楽しみに!

主催・運用団体

NPO法人クリエイター育成協会

NPO法人クリエイター育成協会は、Web/IT業界の中で、「教育」「福祉」「社会貢献」の3つを基軸とした人材育成支援、および、求職者への就職支援を行っている団体です。

トレンドの移り変わりが早いこのWeb/IT業界では、「スキル」を身につけることはもちろん必須ですが、何よりも企業に必要とされるのは「コミュニケーション・人間力」という自身の在り方・ブランディングを理解し、維持することです。

学校やPCスクールでスキルを身につけていても、実務経験がないために就職活動が難航されている方、また、何かしらの障がいをお持ちで通常の勤務体系が難しいとされている方など、就業を求める方々にとって、悩める基準は違います。しかし、変化が早いということは、それだけ多種多様な働き方の助けとなり、活躍できる場は無限に広がる業界でもあるということです。

この業界に踏み入れるきっかけと活動の場を広げるチャンスを作るべく、各種セミナー・講演会・スクールの主催及び登壇、コワーキングスペースの運営、その他行政とのコラボ教育や企業とのCSR活動、執筆活動などを通して、「教育を通じた社会貢献」を理念に置いた人材育成の場を提供しています。


ソルティフロッグ デザインスタジオ

ソルティフロッグ デザインスタジオ

サトウヒロシが代表を務める、デザイン制作会社です。

“Salty”には「海の」という意味があります。
井の中の蛙、大海に臨む。そんな意図を込めてこの名前にしました。
僕は元々「ただ絵を描く」だけの人間でしたが、社会とつながり、沢山の人たちと仕事をしていく中でモノづくりの可能性の大きさを知ることができました。

一匹の蛙が大海原で活躍するような夢を見ています。
「絵と物語」には人を揺さぶる力があります。その文脈はアートの世界でも、デザインの世界でも、ビジネスの世界でも同様に存在します。
Salty Frog Design Studioは絵と物語で社会を元気にしていく活動を目指します。


クラウドワークス

株式会社クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を運営する企業です。

クラウドソーシングとは、インターネットを活用した時間や場所にとらわれない個人の新しい働き方のことです。フリーランスや個人事業主、中小企業はもとより、企業を退職したシニア、子育て中の女性、若者、障害を抱える方など幅広い個人が、時間や場所、年齢に関係無く仕事を受けて収入が得られるようになっています。

仕事を依頼する企業にとっては、企業間取引が当たり前だった世の中で、スキルのある個人の空き時間を手軽に活用できるようになり、 最短15分・最適な費用で優秀な個人へ仕事を依頼することができます。

2014年11月7日現在、政府4省が活用する唯一のクラウドソーシングサービスとなっており、日経ビジネス「日本を救う次世代ベンチャー100」にも選出されております。また、東京都、京都府、福岡県を始めとして20以上の都道府県・地域行政、そして上場企業を始めとして日本全国の有力企業にご活用いただいており、お陰様で国内トップクラスの売上規模となっております。

講座のお問い合わせフォーム

↓【下記に必要な情報をご入力いただき、お問い合わせください】↓
氏名
例:山田 太郎
メールアドレス
例:sample@example.co.jp(半角英数字入力)
お問い合わせ内容

ご質問・ご要望などありましたら、お書きください